トップページ > フェザーリフト アプトス

フェザーリフト アプトスとは?

スポンサードリンク



外科的な手術によってたるんだフェイスラインを引き上げるフェイスリフトに対し、ポリプロピレンという素材でできた特殊な糸を使って、切開なしに顔のたるみを改善する治療法をフェザーリフトといいます。

この特殊な糸にはアプトス、ワプトス、ダブルトーシスといった種類があり、古くから手術で用いられてきた糸と同じ素材です。ただ、これらの糸は表面に特殊な加工が施してあり、毛羽だっているので、このような糸を用いてフェイスラインを引き上げることを、フェザーリフトと呼んでいます。

アプトスには両はしから中央に向かってギザギザした返しが付いていて、その糸を針で皮下に通し、糸の周りに繊維化が起こることで、引き上げ構造ができるというわけです。

主として上頬と下頬に使われますが、あごの下や眉尻にも使うことがあり、口の横や鼻の横の頬のたるみに効果的です。

麻酔は使いますが切開しないので、施術後のハレや痛みは比較的少ないようです。数か月すると安定しますが、それまでは強いマサージや大口を開けるといった極端に顔の筋肉を使うことは控えたほうが良いそうです。

一般的に、アプトスは45歳未満の方の軽度なたるみに効果的だとされています。しかし、肌のハリやたるみ具合は人それぞれなので、一概に年齢で区切れるものでもありません。

フェザーリフトは他の若返り治療と組み合わせて行うことで、外科的手術のフェイスリフトと同等の効果が期待できます。

アプトスの効果について

年齢と共に顔が老けて見えるのは、単にしわができるだけではありません。皮下組織や筋肉がたるんでくることで、年齢を感じさせてしまうのです。

アプトスは、アプトス糸を針で皮下に通して、たれてしまった脂肪組織を引き上げることで、優れたリフティング効果を発揮するというものです。

特に頬のたるみには効果が大きく、鼻から口元にかけてのシワが浅くなり、その上に乗っかってしまっていた脂肪のたるみが取れて、頬の張りを取り戻します。目の下のくぼみも改善されるので、ぐっと若々しい印象になります。 もちろん頬だけでなく、眉や下あご、首のたるみの引き上げにも効果があります。

アプトスの糸は、ポリプロピレンという素材で作られています。術後、赤い点が残ったり、若干はれたりすることもありますが、いずれも数日で消えるので心配ありません。効果はすぐに実感することができ、およそ5年間は効果が持続すると言われています。

最近では異物を残したくないという人のために、1年ほどで体内に吸収される、新しいタイプのアプトスも出てきました。この場合は効果は3、4年と言われていますが、溶けないタイプと比べて効果が落ちることはありません。

アプトスの体験談について

アプトスなどの特殊な糸を使い、顔のたるみを改善する治療法をフェザーリフトといいます。局所麻酔を使いますが切開するわけではなく、比較的簡単にたるみやシワの解消ができる方法です。

それでも治療を受けるには不安があると思います。身近に体験者がいればベストですが、そうもいかないと思いますので、ネットで体験談をいろいろ読んでみるのも良いのではないでしょうか。

あちこちの体験談を見てみると、効果をすぐに実感できて喜んでいる人が多いようです。周りの人たちから、若返った、きれいになったと言われる人もたくさんいるようです。効果を実感することで自分の気分も明るくなり、そのことがさらに表情を生き生きさせているかもしれませんね。

治療を受けるか受けないか、どこの病院で受けるかの決め手は、受け付けやスタッフが親切だったことや、ドクターの説明が丁寧で信頼できたという人がとても多いですね。

体験談の中には、最初しばらく腫れがあったとか、少しひきつれた感じがするという話もあります。アプトスをすると他の治療法で受けられないものも出てくるということなので、やはり納得できるまで話を聞いてから決めることが大切ですね。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る