トップページ > ハッピーリフト

ハッピーリフトとは

スポンサードリンク



顔のリフトアップをする方法として、フェザーリフトというものがあります。従来はアプトスなどの糸を使って行われてきましたが、中には、たとえ医療用の糸であっても体内に糸が残ることに抵抗感を持つ人もいます。

そのような方のために、ハッピーリフトという新しい方法が開発されました。ハッピーリフトもフェザーリフトの一種です。

ハッピーリフトに使われる糸は、手術で用いられる、体に優しい素材の生分解性ポリマーで作られています。この糸は8か月から1年ほどで体内に吸収されてしまいます。

なんだかそれも気持ち悪いわ、とお感じの方もいるかもしれませんが、この糸は海外では縫合糸として用いられていたもので、実績・安全性ともに保証されています。

そしてこの糸が吸収されることによって、お肌の真皮層にコラーゲンやヒアルロン酸を増産することになり、皮下組織自体の若返り効果があります。 ただ、従来の方法と異なり、半永久的効果を期待することはできません。

施術方法は従来と同じで、局部麻酔をして、針を皮下に通します。 施術する先生のセンス・技術によって術後の効果が違ってきますので、下調べをきちんとして納得してから受けましょう。

ハッピーリフト 口コミ・体験談

ハッピーリフトは豊齢線や頬、顎の下、首のたるみなどの改善にとても有効で、しかも安全に行えるところが魅力です。 でもハッピーリフトの施術を受けるかどうか迷っている方は、実際に体験された方の口コミや体験談を聞いてみたいところですね。

いろいろな口コミや体験談をざっと見てみると、「施術前に行われる麻酔が痛かった」という感想がとても多いんですね。これはどうしようもないと思いますが、逆に言うと、それぐらいその後の痛みはなかったということでしょうね。 実際、かなり覚悟していたけれど痛くなかったという感想も多いようです。

術後のひきつれた感に慣れるのには、かなり個人差があるようです。1か月ぐらい違和感を感じた人もいるようです。 これについては個人の感じ方だけの問題ではなく、施術する医師の腕によっても違うようですね。クリニックを替えて再度施術を受けたら、今度は気にならなかったという例もありました。

効果に関してはほとんどの方が満足しているようです。たるみが改善されて若返った、肌びっくりするほどきれいになったという感想がたくさんあります。周囲の人からもそう言われて喜んでいる人が多いようですよ。

ハッピーリフトの効果について

ハッピーリフトとは、生分解性ポリマーで作られた溶ける糸を皮下に通し、頬や下顎のたるみ、豊齢線(小鼻から口元に向かってできるしわ)などを改善する方法です。

原理としてはアプトスやワプトスといった、手術用の糸による顔のリフトアップと同じです。いずれの方法も、皮下に糸を入れることで、周囲にいわば異物反応による炎症を起こして、糸周囲の繊維化と、内因性のコラーゲンやヒアルロン酸の生産を促します。

ハッピーリフトは従来の溶けない糸よりも異物反応が若干強く、溶けない糸よりもその効果が2、3割強いと言われています。

術後2、3か月すると、リバイタライジング(肌再生)効果により、肌は潤いと張りを取り戻します。糸が溶けて吸収された後も、繊維化した組織はたるみを持ち上げ続けます。

溶けない糸のアプトスやワプトスなどと比べると、効果が永続するとは言えませんが、施術後のツッパリ感やツレた感じがないのが嬉しいところですね。

糸を入れる場所を変えたり長さを自在に調整することで、一人一人に合わせて顔の輪郭をはっきりさせる効果も期待できます。

ハッピーリフトのダウンタイムはどれくらい?

美容関係の情報を見ていると、「ダウンタイム」という言葉をよく見かけます。ダウンタイムというのは、手術後の腫れやむくみなどがなくなり、正常な生活に戻れるまでの時間のことを言います。

内出血や腫れがあるとお化粧ができなかったり、外出ができなかったりしますね。お仕事をお持ちの方はもちろんのこと、その間に結婚式や同窓会などがあっては大変。ですから美容整形を受ける際には、どの程度のダウンタイムがあるかは重要なことなのです。

ハッピーリフトでは切開をせず、溶ける糸と細い針を使った施術なのでダウンタイムはほとんどないそうです。

入院の必要はありませんし、術後2〜3時間の観察のあと帰宅することが可能です。次の日からはもう化粧をすることもでき、術後1週間もあれば、術前となんら変わりなく過ごせるようになるそうです。 ただし、顔のマッサージは1か月ぐらいは控えたほうが良いそうです。

経験があり、腕の良い医師に施術してもらうとダウンタイムが短いそうですが、もちろん個人差があります。2、3日は腫れが出たり、注射針の跡が消えにくい人や、引きつれた感じに慣れにくい人もいるとのことですが、それでも数日程度のダウンタイムで済むというのがハッピーリフトの利点ですね。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る