トップページ > ボトックス

ボトックスの小顔 効果について

スポンサードリンク



最近は美容整形に対する考え方も随分変わって、気軽に受けられるようになりました。 特に、メスを使用しないプチ整形は人気があります。多くは入院の必要がありませんし、治療した当日や次の日からもうお化粧をすることが可能だからです。

プチ整形の一つに、ボトックス注射があります。ボトックスというのは、ボツリヌス菌から抽出された成分で、元々はアメリカのアラガン社の商品名です。 現在ではボツリヌス製剤による治療そのものがボトックスと呼ばれています。

ボトックスはしわ取りに使われることが多いのですが、実は小顔効果もあるのです。 咬筋という筋肉が発達しているために下ぶくれに見えたり、エラが張っているような場合は、ボトックスによってこの咬筋の動きを抑制します。筋肉は使わないと退化しますから、自然とあごの辺りやエラが小さくなっていって、小顔に見えるというわけです。

ただし、筋肉ではなく骨格自体が張っている場合はボトックスでは効果がありません。

また、ボトックスの効果はわりと短くて、3か月に1回ぐらいの間隔で継続して注射するほうがいいそうです。

ボトックスの口コミ・体験談

ボトックス注射による小顔治療を体験された方の体験談をちょっと調べてみました。個人差がありますし、最終的にはクリニックでカウンセリングを受けて決める必要がありますが、一つの参考としてご覧ください。

まずプラスのご意見から見てみると、実際に小顔効果を実感できて喜んでいる方は多いですね。コンプレックスが解消されると、気持ちも明るく前向きになるようです。

周囲の人にプチ整形を気づかれたくない人もいるかと思いますが、ボトックス注射は案外気づかれないようですよ。「やせた?」と聞かれたという人も何人か見かけました。

マイナスの意見としては、不自然にひきつった顔になったとか、表情が硬くなった、注射が痛かった、などがありますね。

注射の痛みは麻酔テープを使ってもらうという手もありますが、多少は我慢するしかないようですね。

顔の違和感は、しばらくして取れたという人もあれば、長く残った人もあるようです。ただ、ボトックス注射の効果は数か月しかもたず、逆に言えば、違和感が残ったとしても数か月すれば消えるということですね。

治療を受けるかどうかの決め手は、やはり丁寧なカウンセリングで信頼できる医院、医者かどうかというところが大きいようですね。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る