トップページ > フェイスリフト

フェイスリフトとは?

スポンサードリンク



フェイスリフトというのは、しわ取って若返らせる手術のことです。顔というより皮膚を引き上げるということですね。

年を取ると皮下の脂肪のかたまりが萎縮し、表情筋や皮膚がたるんできて老けて見えてしまいます。これを効果的に引き上げる美容外科の手術がフェイスリフトです。

元々は欧米で開発された技術だそうですが、日本人の骨格は欧米人と少し異なるため、手術の方法も欧米とは違ってきているそうです。

欧米では皮膚を引き上げるだけでしわの改善が見られるそうですが、日本人の場合、筋膜と脂肪組織も同時に引き上げ、その上で不必要な皮膚を切除するという手順が必要になるそうです。 ところが効果を長く持続させるためにはさらに、フェイスリフト手術で伸びてしまった靭帯の処理まで、しっかりと行う必要があるとのことです。

リフティング効果の持続期間を長くし、若返りを自然に見せるためには、それだけの技術が必要なんですね。 フェイスリフトを行うと、大体、実年齢よりも、10〜15歳若返ると言われています。が、顔に傷痕でも残っては大変ですから、信頼できる医師を選びたいですね。

フェイスリフト 体験談

フェイスリフトはメスを使った手術ですから、興味はあってもやはり不安が大きいですよね。痛みはどうか、術後の経過や効果はどうか、実際に体験した人の話を聞いてみたいですね。

幾つかの体験談を見ると、痛みの感じ方はやはり個人差があるようですね。引っ張ったような痛みを感じる人が多いようですが、薬を飲めば大丈夫だとか。 翌日から日常生活に戻ることも可能なようです。

効果については、ほとんどの人がはっきりと感じているようで、10歳ぐらいは若返ったと感じられるようです。 顔が若返ると、気持ちも明るく積極的になれたという人も多いですね。

ただ、中にはうまくいかなくて、傷痕だけ残ってしまったというケースも稀にあるそうです。これは十分に説明を受けて、できたらそのクリニックの評判なども調べて、きちんとした医師を選ぶことが肝心ということでしょうね。

手術の跡は目立たないようにしてくれますが、これも個人差が大きいですが、3か月から6か月ぐらいは残るようです。虫さされの跡が残りやすいような方はちょっと時間がかかるかもしれません。

万一何か後遺症が出た場合は、後遺症外来を置いている美容外科や美容整形外科があるそうなので、調べておくといいでしょう。

ページトップへ戻る