トップページ > 頬 脂肪吸引

頬 脂肪吸引とは

スポンサードリンク



頬の脂肪が余分にあると、実際以上に太って見えたり、顔が大きく見えてしまいますよね。そんなぽっちゃり顔を確実に改善したいときに、頬の脂肪を吸引するという方法があります。

体の他の部分で行う通常の脂肪吸引とは若干異なり、真空ポンプで吸い出すということはないそうです。カニューレと呼ばれる顔専用の細い吸引管を通して行います。

頬の脂肪吸引のやり方は二通りあるようです。 一つは耳の後ろの目立たない場所を数ミリ切開し、そこからカニューレを挿入して吸引するやり方。 もう一つは注射針などを使って極細の穴を開け、そこから吸引する方法。 メスを使うか、注射針を使うかは、クリニックで異なるそうです。

施術は局所麻酔を使い、30分ほどで終わります。数日間は少し痛みがあるそうですが、翌日からお仕事に行くことも可能です。

ただ、頬の脂肪は少ないので、吸引のみで小さくするのはなかなか難しいようです。施術後は専用のバンドでしっかりと圧迫することで、小顔効果が得られるとのことです。

頬のラインは徐々にシャープになっていくので、知り合いに気づかれる心配はないそうですよ。

頬 脂肪吸引の効果について

頬の脂肪を吸引すると、すっきりと小顔になれます。顔のラインが引き締まるので、若々しく見える効果もあります。お肌のハリやツヤも出てくるそうですよ。

脂肪細胞自体が減るので、リバウンドの心配もほとんどないとのこと。ただし、頬は脂肪の量がそもそも体ほど多くはなく、吸引で取れる脂肪の量も限界があります。ですから小顔効果は、施術後しっかり拘縮することによって得られます。

頬の脂肪吸引をした後は、しばらく腫れてしまうので、腫れやたるみを抑えるためにテーピングをします。 テーピングは2、3日で取れて、1週間ほどすれば効果を実感できるそうですが、できれば1か月ぐらいは専用のバンドなどで圧迫したほうがいいそうです。夜の間だけでもいいそうですから、お仕事には差し支えないでしょう。 せっかく脂肪吸引をしたのですから、失敗につなげないためにも、この圧迫をしっかりしましょう。

注意事項としては、頬骨の下の部分の脂肪を取ると、げっそりして、かえって老け顔に見えてしまうそうです。技術の確かな医師としっかり話し合ってから施術を受けたいものですね。

場合によっては脂肪吸引のみだと皮膚がたるんでしまうことがあるそうなので、そのときはフェイスリフトも行ったほうが効果的だということです。

頬 脂肪吸引の体験談

頬の脂肪吸引を受けた方の体験談をちょっと探してみました。ざっと見た限りでは、全く効果がなかったという声は見当たりませんでした。ほとんどの方が満足していらっしゃるようです。

下ぶくれに悩んでいた、頬のふくらみが気になって鏡を見るのも嫌だったというような方が、脂肪吸引することによってそれがなくなり、自分に自信が持てるようになったという声も幾つか見かけました。

周りの人から、きれいになったとか、痩せたと言われるようになって喜んでいらっしゃる方もみえますね。

ただ、いつごろ効果が実感できてくるかというのは、かなり個人差が大きいようです。クリニックのホームページなどでは1週間ぐらいで効果が目に見えてくると書いてあるところもありますが、1か月以上かかる人は多いみたいです。

心配な痛みや腫れですが、術中は麻酔が効いているのであまり痛みは感じないようです。それでも中にはとても痛かったとか、かなり腫れたという人もいますね。

施術してもらうクリニックを決めるまでには、色々なクリニックや美容外科に行き、納得出来るまでカウンセリングを受けて、信頼できるところを見つけるほうが満足感も高いようです。

ちょっと意外なのは、体験された方に20代の方がとても多いことでした。自信が持てて、生き生きと活動できるなら、少し費用がかかっても勇気を出して受けてると良いのかもしれませんね。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る