トップページ > 表情筋に効果のあるエクササイズ

表情筋とは?

スポンサードリンク



表情筋とは顔の目や口、鼻などを動かす筋肉のことで、顔面筋ともいいます。

表情筋は30種類以上あり、これらが相互に作用して、人間の複雑な表情を作り出しているのです。

普通の体の筋肉は骨と骨をつないでいますが、表情筋は骨と皮膚をつないでいるのが特徴です。実はこの表情筋、ふだんは全体の30%程度しか使われていないそうです。筋肉は使わなければ衰えます。表情筋が衰えると顔のハリがなくなるだけでなく、皮膚とつながっていますから、しわやたるみの原因になるのです。

例えば、「前頭筋」という、眉をあげる筋肉があります。これは眉毛の上から伸びている筋肉で、これが衰えると額に横ジワを作ってしまいます。

目の周りには、目を開閉させるための「眼輪筋」という筋肉があり、ここの衰えは上まぶたのたるみ・目尻のしわを作ります。

まだまだありますよ。上下のあごの関節から口角まで伸びている筋肉は「頬筋」といって、口角を上げる筋肉です。これが衰えると、口元のしわやたるみを作ってしまいます。

唇の下から顎に伸びる「頤筋」は、下あごを押し上げあごのラインを引き締める筋肉です。これが衰えると二重あごを招きます。

表情筋の衰えは加齢によるものだけでなく、長時間無表情でパソコンの業務をしているとか、営業や接客で愛想笑いをしているというのも良くないそうです。 ですから意識して毎日顔全体の筋肉を動かすことが必要なんですね。

表情筋のエクササイズ

表情筋はその名のとおり顔の表情をつくり出す筋肉です。 ふだん意識しないで使っていますが、意識して動かさないとだんだん衰えてきます。

そうなると見た目の印象や外見の年齢まで変えてしまいます。 簡単なエクササイズを始めてみるのはいかがでしょうか。

@多くの人が気にする二重あご解消のためのエクササイズです。頭をゆっくりと後ろに倒して、上を見ます。口を大きく開けて舌を思いっきり出して、「1・2・3」と数えます。それからまたゆっくり頭を元に戻します。これを1日10回くらい繰り返します。

A頬のたるみ解消のためのエクササイズ。まず右側の頬と口角を上へ引き上げます。そのまま「い〜ち」と数えます。次に左側も同じように引き上げて「に〜い」。これを左右交互に合計20回行います。

Bまぶたや目の下のたるみ、目のまわりのシワを解消するためのエクササイズ。右目を大きく開けて左目はウィンクして、「1・2.3」と数えます。今度は反対の左目を大きく開けて右目はウィンクして、「1・2・3」。これを交互に合計20回行います。

Cおでこのシワを伸ばすエクササイズ。両方の眉を上にあげて同時に鼻の下をのばして「1・2・3」。これを10回繰り返します。それからおでこのシワを指先で優しく伸ばします。

エクササイズは必要な部分の筋肉を意識して行うと効果的だそうですよ。

表情筋 トレーニング方法

顔の表情をつくり出す表情筋が衰えてくると、単に表情が乏しくなるというだけでなく、老けて見えたり、顔のハリもなくなってしまいます。

元々の顔の輪郭によって特に衰えやすい場所があるそうなので、自分の顔に合わせて、その部分を意識して表情筋トレーニングをしてみませんか?

・丸顔の人…頬の筋肉が緩みやすく二重あごにもなりやすいので、頬のトレーニングをしましょう。 まず、口を「おー」の形にして頬の皮膚を伸ばすようにします。次に「あー」の形にして頬の筋肉を持ち上げるようにします。筋肉を意識して、これを10回繰り返します。

・たまご型の顔の人…目元がたるみやすく、老化が目立ちやすいとのこと。 目元のトレーニングは、両目を大きく見開き、ゆっくり閉じていって、最後に固く閉じます。これを10回繰り返します。 または、ウインクを少しオーバーに、左右交互に合計20回行うという方法もあります。

・四角型の顔の人…口元がシワになりやすいそうです。 口元のトレーニングは、大げさに口を開けて「あ・い・う・え・お」と発音します。 あるいは、タコの口のように唇をつぼめて突き出す、戻すという動きを繰り返す方法もあります。

・逆三角形の顔の人…あごと口元がたるみやすいそうです。 二重あごの防止には、ゆっくり顔を上に向け、上を向いたまま唇を突き出して5秒間キープしてから、ゆっくり戻します。これを何回か繰り返します。

表情筋トレーニングは朝目が覚めたとき布団の中で、あるいは夜入浴時にやると効果的だそうですよ。

表情筋に効果のあるマッサージ

表情筋は使わないと衰えます。衰えるとたるみやシワを作り、老け顔の原因となります。

表情筋マッサージは3か月ほど続けると効果が現れてくるそうです。自分で簡単にできる マッサージをちょっとご紹介しましょう。

1.人差し指と中指・薬指で、あごから頬に優しくゆっくりと、頬を持ち上げるようになでます。これを5回繰り返します。

2.小鼻の横から額、こめかみという順にゆっくり優しくなでて、こめかみを押します。これを5回繰り返します。

3.目頭から眉、それからこめかみ、目頭から眼の下、こめかみの目の周りの順に優しくなでます。目の周囲の皮膚はデリケートなので、特に優しくしましょう。こめかみを最後に押します。それぞれ5回繰り返します。

4.最後に手のひら全体で、鼻の横から外側へ耳の横まで優しくなでます。これを5回繰り返します。

表情筋マッサージは化粧を落として顔の温まっている状態で行うのがベストなので、お風呂上がりに行うと良いとのことです。

肌を摩擦から守るために、たるみやシワの改善に効果のあるヒアルロン酸配合のジェルなどを使うと良いでしょう。

さらに、コラーゲンを含む食べ物や飲み物などを摂るように心がけると、さらに効果的です。

フェイスストレッチ

基礎化粧品にお金をかけたりメイクアップにこだわっても、笑顔が素敵に見えない人、表情の乏しい人って魅力的に見えないですよね。

素敵な笑顔を作るのは表情筋。でもこの表情筋、使わないと衰えます。表情筋を鍛えるために、簡単なフェイスストレッチを始めてみませんか?  フェイスストレッチはお肌のたるみやくすみなどのアンチエイジングにも効果があるんですよ。

☆目元のストレッチ

1.目を閉じて眉を上に持ち上げます。おでこにシワを寄せるように5秒間キープして戻します。

2.目をギュッと閉じて顔全体を中心に寄せる感じで5秒間キ−プして戻します。

3.首や顔は動かさずに、眼球を上下左右にゆっくり動かします。その後早く動かします。

☆口元のストレッチ
1.口を思い切りすぼめて尖らせて5秒間キープ。口角を外側へひっぱり5秒間キープし、ゆっくり口を戻します。このとき上唇を意識するようにします。

2.口角と目尻を思い切り寄せます。その状態で5秒間キープを左右交互にします。 左か右どちらかがやりにくいと感じたら、そちら側を積極的にストレッチしましょう。頬のたるみに効果があります。

3.割りばしかストローをくわえます。口角をあげて5秒キープ、口角を動かさずに割りばしをはずして5秒キープ。
このとき、割りばしをくわえたまま、口を動かすと口元の筋肉を鍛えられます。

フェイスストレッチは、1回5セット、1日1回で十分です。多くても、朝晩の2回までにとどめましょう。 人前でやると変な人だと思われますから、家で鏡を見ながらやりましょうね。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る