トップページ > リンパマッサージのやり方や効果

リンパマッサージとは

スポンサードリンク



リンパマッサージってよく見かける言葉だと思いますが、そもそもリンパマッサージとは何でしょうか。

まず「リンパ」について理解しましょう。通常、リンパ管とその中を流れているリンパ液、そしてリンパ管の中継点であるリンパ節をひっくるめて「リンパ」と呼んでいます。

リンパには免疫機能と排泄機能があり、リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物や毒素が体内に蓄積されてしまいます。そうなると、むくみ、こり、顔のたるみ、肥満、セルライトなど、健康上も、美容上でもさまざまな問題が生じてきます。

そこで、マッサージすることによってリンパの流れをスムーズにし、冷え性、血行不良、免疫機能などを改善するのがリンパマッサージです。

元々は病気からの回復を助けるための医療行為でしたが、今ではむくみが解消される、小顔になれるということで、美容の分野でも活用されています。

リンパマッサージは自分でも行うことができますが、正しい方法でマッサージを行わないと、効果がないようです。しっかりやり方を調べてから行うようにしましょう。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージは、本格的に身に付けようと思ったらもちろん大変ですが、簡単なやり方を覚えて日常的に自分でできると便利ですね。

細かいやり方は、その部位により、目的により異なります。さする方法、つかんで揉む方法、たたく方法などがありますが、幾つか簡単なやり方をご紹介しましょう。

リンパマッサージで一番大切なのは鎖骨にあるリンパ節です。特に左鎖骨は、全身のリンパが集まって、静脈に合流する所で、逆に言うとリンパが大変詰まりやすい個所でもあるわけです。

鎖骨のリンパマッサージは、鎖骨のくぼみを肩からのど元に向かって、皮膚を軽く内側に引っ張る感じでマッサージしていきます。 リンパは皮膚のすぐ下を流れていますから、指圧のように強く押すのではなく、痛みを感じない程度にやさしくマッサージします。

目の下のクマが気になるときには、.頬骨の上や目の下、目頭に指を当て、耳の前のリンパへ押し流すようにマッサージします。

注意しなければならないのは、疲れがひどい時や体調を崩している時、怪我をしている時など、そして妊娠初期の人はかえってリンパマッサージはしないほうが良いそうです。 ほかに、食後2時間以内と、お酒を飲んだ後も控えたほうが良いそうですよ。

リンパマッサージ 効果について

リンパには浄化作用と免疫作用がありますが、リンパの流れが滞り、その作用が十分働かなくなると、余分な水分や老廃物がたまりやすくなってしまいます。 そうなると、むくみや肩のコリ、冷え性、肌荒れ、免疫力の低下など、さまざまな体調不良の原因になります。

そこでリンパマッサージによってリンパの流れを助けてあげると、新陳代謝が良くなり、水分や老廃物を排泄しやすい体に変えることができます。

リンパマッサージは健康面でも美容の面でもいろいろな効果があります。 肩こりやむくみ、便秘、生理痛などの改善のほかに、頬のたるみの改善や顔のリフトアップ、小顔効果があるといわれています。

というのは、リンパマッサージによって、細胞の間に溜まっていた余計なリンパ液が流れ、リンパの重みが取れた結果、たるみが解消し、フェイスラインがひきしまって小顔効果があるというわけです。

さらに、セルライトが取れて、新陳代謝が良くなるので、ダイエット効果が期待できたり、角質のターンオーバーを促進するのでお肌にハリが出たりと、本当にいろいろな効果があるようです。 特に顔にはたくさんのリンパ節があるので、目の疲れや目の下のクマの解消にも効果があるそうですよ。

スポンサードリンク



ページトップへ戻る